犬の爪切りをするならギロチンタイプがおすすめ!

犬などのペットの爪切りを定期的に行っているでしょうか。
以前は屋外での飼育が一般的だったので、飼育小屋は庭などに置かれていることが良くありました。
周辺は土などが広がっている庭園のことも多く、土を掘ることで爪も磨り減ることになるので、自然に長さも調整されていたので特に爪切りを意識することなく飼育することが出来ました。
しかし屋内飼育が主流になっている今日では屋外飼育での方法論は妥当しません。
屋内ではフローリング材などの床が多く、爪を立てることが難しくなっています。
散歩の機会にある程度爪を地面に接触させることが出来ますが、磨耗するほどではないので爪切りをしないで放置しておくと伸び放題になってしまいます。

ところで人間では爪の長さを整除することは清潔感を与えるためであったり、逆に伸ばしておしゃれを楽しみためであったりするので長さで支障を感じることはありません。
しかし犬の爪には血管や神経が通っているので適切な長さに調整する必要があります。
長くなってから爪を切ると爪とともに伸びてきた神経や血管を切ることになるので痛みを感じるからです。

それでは犬の爪切りはどのように行えばいいのでしょうか。
先ほど御紹介したように犬の爪は構造が人間と根本的に異なるので、専用のギロチン型爪切りが必須です。
ギロチンタイプは一瞬で強い力を加えることで切るので、長い時間をかけることなく爪を切ることが出来るからです。
爪の切り時の目安は床を歩くときにカチカチ爪音が目立つようになったタイミングです。

爪音が出るほど伸びていれば、神経や血管が走っている部分と伸びたばかりで血管などが成長していない部分をはっきりと見分けることが出来ます。
血管が走っていない部分でギロチンタイプの爪切りを使用すれば痛みも最小限に抑えることが出来ます。
爪が黒っぽく血管などの状況を把握するのが難しいときには、やすりで先端から削っていく方法があります。
やすりで少しずつ削り、切断面が少ししっとりしてきたらそこでやめます。
仕上げは先端をやすりでまるくしておけば飼い主を誤って爪で傷つけること防止出来ます。
犬などのペットの爪の切り時は月に1回ほどが一般的です。

ところで爪を切る時には後ろ脚を先に行って、次に前脚の順番で行うと比較的嫌がるのを防ぐことが出来ます。
これは犬が前脚を触られることを嫌がる傾向があるので、後ろ脚から行う方が犬に与えるストレスを小さく出来るためです。
そして犬が暴れないようにするコツとしては、背中から犬をまるく抱え込むようにしてリラックスして安心させてあげることがポイントです。